面接官に好印象を与える

塾にも大規模なものから個人で経営しているもの、地域密着型や中高一貫校の専門校などさまざまあります。塾の方針はそれぞれ違いがあり求める人材も異なってきます。さらに集団指導と個別指導では生徒に教える指導方法も違います。それぞれの塾の特徴をとらえて志望していかないと採用されたとしても、長く続けることができない場合があります。

自身が志望する前に、塾の規模や特徴などを理解しておきましょう。その特徴に沿った自分の考えなどを面接時に話をするのです。塾講師になりたいという漠然としたものではなく自分は受験指導がしたい、またできない生徒に対して補習がしたい、教えられる年齢層はどのくらいなのかなどの条件を自分で最初に出しておき、それに合った塾を志望するのです。

面接時の注意点として強調すべきは身だしなみです。面接官が厳しくチェックしているとことは、特に清潔感です。中高生は多感な時期ですので、不潔な先生に対しては信頼すら求めません。また声の大きさもチェックポイントです。何を言っているのかわからないような小声では、授業をするうえで話になりません。清潔感をもち、大きな声ではっきり受け答えし迷いのない発言などをしていくことで印象が大きく違ってきます。

下層ページ01

■□□□□

Read more…

下層ページ02

■□□□□

Read more…