面接時の内容について

塾講師の採用試験を受ける時には、人と接することが好き、教えることが好きであるなどのような理由だけでは、少し弱い部分があります。塾講師の仕事は生徒への学習指導で、生徒と学習を通して、さまざまなコミュニケーションをとりながら授業を進めていくことです。塾講師を志望する人は、子どもが好きで話をすることや教えることが好きと面接時には多くの人が答えます。

塾講師にとっては大切な事ですが、志望動機がこれだけでは他の人と何ら違いはありません。人と接することが好きで志望動機として考えるのでしたら、これを軸にしてさまざまな経験を伝え、オリジナリティのある言葉で話をしましょう。人生経験で子どもと接した時に得た事、多くの人とのコミュニケーションを通して学んだことを塾講師でも生かせそうな体験を面接時に話をします。

さらに言えば講師経験のある人はそれがアピールポイントになります。自分が経験してきた学生時代のアルバイト、教師や講師、そして家庭教師などの場合は面接時に強い印象付けができます。これまで経験してきたこと以外に、これから塾講師としてどのような先生になりたいのかなどの強い希望も交えながら話をし、アピールしていくことで採用される確率が高くなります。



※特選外部リンク
塾講師になるには塾講師、家庭教師専門の求人サイトで参考になります。 ⇒⇒⇒ 塾講師 なるには

下層ページ01

■□□□□

Read more…

下層ページ02

■□□□□

Read more…