正社員として働く塾講師

正社員として塾講師を目指す場合は、大学卒業が最低条件と考えると良いです。どこの大学を出ていなければいけないということではないですが、生徒の受験にも関わる指導ですので有名大学の出身であればアピールポイントにはなります。人に勉強を教えるのですから、学歴がなければ教えることができませんし、自分が学んだことを忘れてしまっていても役に立ちません。専門学校を出ている塾講師もいますが、これは極わずかです。

塾の採用試験を受けて塾講師として正社員で働きたいのであれば、他の企業に入社するのと同じで大学にいるときに採用試験を受けて合格する方法です。一般的に行われる就職活動と同じで就職を希望する塾について調べておき、自身の志望動機、アピールポイントなどを考えて事前に言葉にする練習をしましょう。塾講師は、一定レベルそれ以上の学力が求められます。受ける塾にもよりますができれば大学受験におけるセンター試験レベル程度の問題は、解けるようにしておくことです。

また新卒で正社員にという場合と、転職という形で正社員登用を目指す人もいます。他の塾などで過去に指導経験がある場合は経験者として扱われますので、採用の時にはとても有利になります。塾の講師としてアルバイトではなく、正社員として働くことを望むのでしたら生徒に指導するだけの学力が身についているかが重要なポイントです。そして一般に行われている就職活動と同じように、在学中に目当ての塾を見つけて面接等を受けにいきましょう。

下層ページ01

■□□□□

Read more…

下層ページ02

■□□□□

Read more…